日本人なら必ず覚えておきたい!和食の基本マナー

日本人だけれど・・・和食のマナーを理解している人は少ない?

日本に暮らしているけれど、和食を頂く時のマナーをしっかりと理解されている人は少ないといわれています。
会席料理などの場面ではドギマギしてしまいマナーよくいただけないこともありますし、懐紙の使い方等もよくわからないという人が多いです。

世界的に注目されている和食のマナーを和食の本場である日本人が理解していないというのは情けない話です。
海外に取引先がある、お得意様がいるということも多くなっていますので、しっかり和食のマナーを身に着けておきましょう。

和食の基本的マナーを理解しよう

お箸が箸袋に入っている場合には、御膳の上の場合左側に、テーブルの上にある場合には左下あたりに「縦」にしておきます。
食事が終わったら箸の先の方を袋に入れて、余った部分を織り元の位置に置きます。
箸置きとして利用した場合は箸先を結び目の先に入れておけばいいでしょう。

お食事の最中にお箸を置く場合には、箸置きがあればそれを利用しない場合には箸袋を箸置きのような形にして箸置き代わりに利用します。

お料理が運ばれて来たら、蓋つきのものは蓋を取り、蓋は裏返しにしてお膳の外に置き、お椀の料理を食べ終わったら元通りに蓋をします。

食べる順番としては、汁物、ご飯、おかずという順番を繰り返すようにし、どのようなお料理であってもお口に入るサイズにしてからお口に運びます。

盛り合わせのお料理や一つのお皿に複数のお料理が盛られている場合、基本的に端にあるお料理から手を付けて、真ん中から取らないようにします。
お茶はお料理を頂いた最後に飲むようにします。

手が汚れてしまった場合は、懐紙やおしぼりでふいて構いません。
ただ、お汁などをこぼしてしまった場合、少量であれば懐紙でふき取りますが、沢山こぼした時にはお店の方を呼び処理してもらいます。
この時おしぼりがあっても利用せず、お店の方が処理してくれるのを待つ方がいいです。

和食を食べるときに注意すること

よくサラリーマンの方などが居酒屋で飲むとき同様に、おしぼりで顔を拭く姿を和食を頂くところでも見かけるのですが、これはマナー違反です。
おしぼりでふくのはあくまでも手、顔、首などを拭くのは下品です。

食卓の上には物を置かないことがマナーです。
煙草、財布などを置いている方も見かけますが、これはタブーとされていることなので気を付けましょう。

お料理を顔の方に持って行ってお皿に口を付けていただいたりする行動を犬食いといって非常に下品な行動です。
またお椀越しに前の方に目線をもっていき覗き見しながら食べる行為も、にらみ食いといって不作法とされます。

お料理を口に運ぶ際にはお口に入れるサイズを運び、料理の下に手を添えるのではなく、小鉢や小皿などを胸元に持っていき、小鉢などをもって頂きます。
洋食や中華料理ではこうして食器類を持ち上げることがマナー違反となりますが、和食の場合、胸元まで持っていきゆっくりとお口に料理を運ぶと上品です。

食事のとき、つまようじを平気で利用される方がいますが、利用する時には左手で口を覆い口元が見えないように素早く利用します。

知っておきたい箸のタブー

和食はお箸で頂きますが、お箸のタブーも理解しておくと恥をかくことがありません。
お箸をもってどれを食べようかなとお箸をお料理の上で行ったり来たりさせるのは「迷い箸」と呼ばれ嫌われます。

お箸を一度つけて別のお料理を取るのは移り箸、お箸で器を自分の方に寄せたり、向こうにやる等は寄せ箸、盛り付けられているお料理の下の方をさぐり取り出す行為を探り箸、箸についているお汁などをなめる、お箸を加える行為をねぶり箸といって嫌われる行為です。

このほかにもお料理を箸で突き刺して頂く刺し箸、うつわの上に箸を渡すように置く渡し箸、仏様にお供えするようにご飯に箸を突き立てる行為は仏箸といって忌み嫌われる行動です。