日本人のココがダメ!グローバルビジネスになじめない理由

コミュニケーション

日本人は無駄な自信を持ちすぎる

数年前から日本ではグローバル社会という言葉を耳にすることが多くなり、実際に大きな企業などでは海外進出を果たすようになりました。
しかしまだまだ日本というのは他の国に比べるとグローバルに仕事をする事が難しいと言われています。
これは日本特有の様々なプライドや意地などが邪魔してしまうことによって、グローバル社会で生き抜いていくだけの実力を身につけることができないからです。

日本人はどこがダメなのかをしっかり自分なりに考えてみることによって、今後グローバル社会で活躍できるか否かが変わってきます。
まずはじめに日本人というのは、日本人というだけで無駄な自信を持ちすぎていることがあります。
技術が最先端であることや、様々な開発に長けていること、また食事が美味しいことやその他にも美しい観光スポットがたくさんあることなど、様々な理由がありますが無駄な自信は捨てましょう。

ここが第一歩となります。
その上で相手と平等、もしくは相手よりも腰の低い態度で接していく事が重要になります。

はじめから受け入れてもらえる体制を捨てる

日本人というのはグローバル社会に飛び込んで仕事をしている時に、最初から相手には受け入れてもらえるだろうという意識が働いてしまいがちです。
日本人同士でお仕事をする際には取引先が頷いてくれるかどうかで悩んでしまい、とても不安に感じるものですが、かたや相手が意固地になると何故なのか自然に受け入れてもらえるといった体制になってしまいます。

そのため、相手と話をするときにも受け入れてもらえることを前提に話をしてしまうため、相手には不思議そうな顔をされたりすることがあります。
必ずしも受け入れてもらえるといった体制を捨て、まずは自分たちの考えをしっかり伝えていくことから始めていきましょう。

受け入れてもらえるといった姿勢を持っていると、これが相手には偉そうに移ってしまうことや、なんだか勘違いをしていると写ってしまうことがあります。
あくまでも謙虚な姿勢でビジネスシーンにおけるトークをしていくことが重要なのです。

日本人は日本語が話せれば良いという認識がダメ

実際にグローバル社会でバリバリと活躍している方の場合には、こういった認識を持っていないケースがほとんどですが、まだまだ日本人の中には日本人は日本語が話せればそれで良いと思ってる人もいます。
仕事のためにわざわざ他の国の言葉を覚えるの面倒だと思っていたり、仕方がないから覚えるといった意識を持っていませんか?

このような認識を持っていると、いつまでたってもグローバル社会で本当に活躍して事は出来ません。
日本人であっても海外の方と交流していくためには、外国語を身につけることが必要なのです。
またこのような努力について当たり前のことだと思うようにしましょう。

わざわざ海外の言葉を覚えてるやっているという感覚を持っていたら、いつまでたっても相手と平等なラインには立てません。
すでに相手はそのラインを超えて仕事上でのコミュニケーションを図るため、当たり前のように日本語を覚えていたり、他の国の言葉を覚えています。
日本人はこのような部分がとてもダメなところですので、海外の方とどんどん接しながら自分の中での認識を変えていくことも重要になるでしょう。