リスニングに最適!英語学習に役立つ洋楽特集

音楽・英語学習

リスニングに良いのは英語の歌?

リスニングといえば、中学校の英語の授業で携わった人も多いのではないでしょうか。
英語力を身につけていくためにはリスニングをすることがとても大切だといわれています。

単語を覚えたりすることも重要ですが、リスニングをすることによって正しいアクセントを覚え、この通りに発音ができるようになるからです。
しかしリスニングをするために、さまざまな教材を探していると、どれが本当に良いものがわからなくなってしまうこともあります。

リスニング専用に販売されてる教材などもありますが、金額が高く購入するのが難しいという人もいるでしょう。
そこでおすすめなのが、洋楽を聴きながらリスニングに役立てるというものになっていきます。
洋楽にもさまざまなものがありますが、アップテンポのものではなくスローテンポなものであれば、一つ一つの単語を読み砕きながら自分で日本語訳に変えてみることができます。

ゆっくりしたメロディの曲から聞いていく

洋楽を聴きながらリスニングで英語力を身につけていく場合には、ゆっくりとしたメロディの角から始めていきましょう。
ゆっくりとしたメロディを聴きながら、わかる単語だけをどんどん書き出していきます。

繰り返し繰り返し、これを繰り返すことによって一曲全てを日本語訳にすることができるでしょう。
その上で今度は日本語で訳してくれている歌詞などを貼り付けてチェックしてみます。

どれだけ自分の日本語訳があっていたのかということをチェックすれば、自分の間違いや苦手な部分にも気がつくので、その後の勉強に役立ていきます。
これを繰り返しながら徐々にアップテンポの曲を訳すようにチャレンジしていきましょう。
訳すことなく何度も聴くうちに、歌そのものを覚えるようになるので、例えばカラオケに出かけた際などにも英語の歌を上手な発音で歌うことができるようになります。

有名な曲ほど覚えやすく意味も分かりやすい

英語では非常にたくさんの曲がありますが、世界的に有名な曲を選べば選ぶほど覚えやすく、さらには意味も分かりやすいものとなっています。
やはり世界的に有名な曲というのはそれだけ深い意味を持っており、一つ一つの単語もズシンと心に響いてくるようなものばかりとなっています。

なおかつスローテンポなものであれば聞く側としてもストレスを感じにくく、ゆっくりと単語を訳していくことができるでしょう。
もちろん自分が聴きたいと思う曲にはそれぞれで好みがありますので、どんなジャンルでも構いません。
まずは世界的に有名な曲をピックアップして、日本語訳にしたあとで単語としての発音などを覚えていきましょう。

もちろん歌ですので会話をする時とは若干発音が違っていることもありますが、それでも自分なりの方法で英会話を覚えていくよりも、正しい発音を覚えることに繋がっていきます。
一度に複数の曲を聴きながら覚えるのではなく、まず一曲をしっかりと覚え、さらに日本語訳も正しくできるようになったら次の曲というようにステップを踏んでいきましょう。