むやみに暗記は効率が悪い!使う単語から覚えていこう

英単語

頻繁に使う単語をピックアップすることから始める

英会話をはじめとして、日本語ではない言葉を覚える場合、どのように覚えたら良いのかわからないという人はたくさんいるようです。
まずはさまざまな単語を順番に覚えていくというところからスタートする人がほとんどではないでしょうか?

しかし、このような暗記方法というのは非常に無駄が多くなってしまうので効率が悪いです。
まずはビジネスシーンにおいてもプライベートにおいても頻繁に使う単語を自分の中でピックアップして、そういった単語から覚えていくようにしましょう。
何でもかんでも覚えれば良いというものではありません。

どんなに一生懸命に頑張っても実際には使わない単語であれば、それを覚えるだけの労力や時間を他になってしまうことになります。
それよりも効率的に頻繁に使う単語をしっかりと覚えることによって、次から次に必要性の高い内容を頭にたたき込み、最終的には英会話へと繋げていく事ができるでしょう。

もちろんピックアップした単語に関してはスペルを覚える。
そして発音を覚えるアクセント覚えるといった方法が必要ですが、使わない単語にこのような時間を割くよりも使う単語、そして文法に時間を割いていく方が、はるかに効率が良いことは一目瞭然です。

無駄を省くことでどんどん覚えられる

上記のように無駄を省いていくことによって、英会話というのはどんどん覚えることができます。
日本語とは違った文法で覚えていかなくてはなりませんが、基本的な文法は日本と反対ですので主語述語の置き換えなどをすることができれば、あとは単語を組み込んでいくだけです。

語学力を身につけてしまえば難しいと感じることはひとつもありませんが、覚える段階では困難に感じてしまうこともあるでしょう。
始める段階でさまざまなテキストなどを購入し、こういったテキストを隅から隅まで読む、または全てを単語をノートに書き出して覚えていくというのは本当に効率が悪い方法となります。
無駄な時間を徹底的に省きながら、隙間時間などを使ってスピーディに覚えられる方法を自分なりに編み出していきましょう。

日常的に単語を復唱する

頻繁に使う単語についてをピックアップしたらそれを徐々に覚えていくことになりますが、時間のあるときにノートに書いて覚えるといった方法だけではなく、日常的にも単語を復唱していくことが大切になります。
たった一つの単語であってもアクセントが違うだけで英会話では通用しないことがありますので、アクセントなどを意識しながら復唱しましょう。

自分の中でアクセントを間違って覚えてしまと、それが癖になってしまうこともあります。
そのため、わからないものに関しては、実際に現地の人に聞いてみる、もしくは英会話が堪能な人に教えてもらうといった方法でアクセントをマスターしておくことが大切です。