日本人の英語が通じない理由…重要なのは会話力

英語力

日本人の英語は熱意が足りない?

日本人の中には英会話をしっかりとマスターしている人はたくさんいます。
もちろん、このようにマスターして海外で実際にグローバルに働いているという方もたくさんいるのですが、その反面で日本人として英語を覚えたにもかかわらず、英会話として成り立っていない人も少なくありません。

日本人はグローバルビジネスが向かないなどと言われているのですが、これはどこに原因があるのでしょうか。
海外の方が言葉を覚える際に日本人は日本語は一番難しいといわれていますが、ここには日本語がもつ独特のアクセントが関係しています。
また、これは日本人が英語を話すときにも影響しており、このようなアクセントが抜けない限り、英会話をする際には通じにくいということが分かっています。

さらに、こうしたアクセントを取り除くだけではなく、会話力そのものも身につけていかなければならないのです。
日本人同士の場合は身振り手振りを加えなくても言葉だけでしっかりと通じるのですが、海外の方は、多くのケースで身振り手振りを加えながらさまざまなリアクションをとって会話をします。
日本人にはこのような部分が足りないので英会話をする際にも、海外の人から見てみるとリアクションがなくて熱意が伝わりにくいといった特徴があります。

会話力は英語力とは違う

会話力というのは単純に英語が話せるという英語力とは全く違うものです。
表情をはじめとして、前述のような身ぶり手ぶりといったリアクションそのものが会話力になっていきます。

楽しい事を話す時には笑顔で話す、悲しいときには悲しいリアクションをとることが大切となります。
ジェスチャーについて紹介しているサイトがあったので、時間がある方はご覧ください。
>>英語が話せなくても「言いたいことが伝わる」ジェスチャー3つのポイント|School With

また、本当に強く伝えたい時には身振り手振りでこれだけ強く思っているんだということを相手に伝えるのが会話力というものです。
これが日本人には足りてないと言われており、日本人が英会話をマスターしても海外の方とスムーズなトークができない要因の一つになっています。
実際のところグローバルに活躍している日本人の方は、すでに身振り手振りなどもしっかりと身につけており海外の方と変わらないリアクションをとりながらトークを繰り広げています。

英語が話せる日本人は偉くない

英語が出せるようになると、それだけで日本人というのはなんだか自分が偉くなったような気分になってしまうことがあるようです。
海外の方は、日本語を覚えたりその他の国の言葉を覚えたりしても自分を偉いと思ったりすることはありません。

単純にその分、他の国の方とコミュニケーションがとれるようになったと喜ぶだけです。
日本人はコミュニケーションが取れると喜ぶだけではなく、優越感を感じてしまう傾向にあるようです。
このような気持ちをしっかりと捨てて、フレンドリーな気持ちで接するように心がけてみましょう。

そうすることによって自然と会話力そのものも身についていきます。
会話力が身につくことで、海外の方とのやり取りがスムーズになります。
また、熱意や自分が思っている気持ちそのものも伝わりやすくなるでしょう。