ビジネス英語を覚えよう!学習方法や注意点とは?

ビジネス英語

ビジネス英語の覚え方のコツ

ビジネスで使用するための英語を覚えていくのであれば、自分が主に携わる技術などについての単語を覚えれば良いというものではありません。
例えば日本語で会話をすることを考えてみてください。
技術を伝えようと思ったときには、どのように使いますか?

この技術はこういった目的を持っているといった内容や、このように開発されたという内容を伝えるためには単語だけを並べればよいものではありませんよね?
それと同じようにビジネス英会話に関しても、しっかりとした文法を覚え、さらには相手が納得できるような説明ができなければ意味がないのです。

そのためには単語を覚えるだけではなく、日常的なトークからビジネスシーンでよく使われると奥までしっかりと身につけておく必要があります。

注意点は相手に指摘をしたいときの声のボリューム

ビジネスシーンにおいて英会話でのトークをする際に、一般的な時の流れを身につけておくのは当たり前のことです。
しかしそれだけではなく、いくつかの注意点があるのでこうした注意点についても身につけておかなければなりません。

まずは第1に、相手に何かを指摘したい時や反対意見を述べたいときの注意点になります。
英語でのトークというのは、声のボリュームや身振り手振りによるリアクションでも意味が全く違うように伝わってしまうことや、相手には悪いイメージを与えてしまうことがあります。

そのため、指摘をしたいときにはできるだけ語尾を強めたり大きな声を出すのではなく、静かにシンプルな使い方をしましょう。
また、こうではないなどといった否定形ではなく、こうしてほしいといった希望を伝えるような形が最もベストです。
さらにはテーブルを叩きながら、このような指摘をすることなども避けましょう。

とても荒っぽいイメージを与えてしまい、相手には嫌われてしまうことや相手を傷つけてしまうこともあります。
そして次に相手にお願いしたいときになりますが、相手にお願いをする時にもやはり腰の低い態度でお願いすることが必要になります。

日本人の場合は上司が部下に対して偉そうな態度で様々な指示を出すということも珍しくありませんが、ビジネス英会話を使いながら海外の人とやり取りをするのであれば、フレンドリーにこれをやってくれるかい?
といった心持ちでトークをすることが大切です。

このようなトークをするにあたり、自然に腰が低くなるものです。
相手に対してこの作業を押し付けようといったスタイルではなく、あくまでもお願いする、もしくは出来るかどうかを聞いてみるといった姿勢でトークをしてみてください。

仕事用語だけでなく、コミニュケーションのための言葉も覚える

最初でも少しお話したとおり、ビジネス英会話というのは、仕事に使うための用語を覚えればそれで良いというものではありません。
当然ながら相手と話をしていかなければなりませんので、コミュニケーションのための言葉もしっかりと覚えておきましょう。

上記で紹介したお願いする場面をはじめとして、その他にも依頼されたことを引き受ける場面、さらには成功した失敗したということを伝えるためのビジネス用語についても学んでおかなければなりません。
あれこれと覚えるのは大変に感じてしまうかもしれませんが、順を追いながら一つずつ覚えていけば、さほど大変なものではありませんので主要用語をピックアップしながら覚えるようにしましょう。