ターンテーブルが意外に曲者!中華料理の基本マナー

中華料理の食事会、パーティなども多くなっている

最近は結婚式などでも披露宴で中華料理のところがありますし、パーティなどでも中華料理を頂く機会が多くなっています。
ターンテーブルに盛られた大皿料理を一人分ずつ取っていただくことが必要なので、マナーをしっかり理解して恥ずかしくないようにいただきたいものです。

食事のマナーがきれいな人はまた食事に誘われる機会も多くなりますし、大切なお得意様とお食事という場合にも安心していられます。
中華料理のマナーも和食とはまた違うマナーがありますので、しっかり覚えておきましょう。

ターンテーブルでお料理を頂く場合

お料理がターンテーブルに運ばれて来たら上座、主賓の方の前にお料理が行くようにまわします。
この時、時計回りで回すのがマナーで、主賓がお料理をとったら順序よくお料理を取っていきます。

お席を囲んでいる人数を確認し、一人分が明確になっていないお料理は全員にいきわたるように量を考えて取ります。
全員がお料理を取ったらその後はターンテーブルを自由に動かせますが、他の方がお料理を取っていないか確認します。

基本的に右回りでお料理を自分の前に持ってきますが、すぐそこにあるお料理をわざわざ右に回して取る必要もないので、その場合は左でも構いません。
お皿が汚れた時、また違うお料理を食べる時には新しい皿を利用します。

中華料理のマナーでありがちなマナー違反

ターンテーブルで中華料理を楽しんでいる時にしてしまいがちな事が、ターンテーブルの上にビール瓶等の倒れやすい物を置いてしまう失敗です。
ターンテーブルを回した時に倒れて飲み物をこぼすこともあるので、ターンテーブルではない場所に置くようにします。

大皿料理を取る時に通常取箸が付いています。
このお箸を利用するようにして、自分のお箸を利用しないようにするのがマナーです。
これは和食のマナーとしても同じ事がいえます。

好きな料理がある・・・といってもそのお料理だけとって食べようとするのはよくありません。
まんべんなく皆さんが同量頂けるようにお料理を取り、最後までおいしく頂けるようにしましょう。

立食料理でもそうですが、お皿にのせたお料理は残すことなくしっかり食べきることがマナーです。
また中華料理のお皿は持ち上げる事が出来そうな形状でも持ち上げないのがマナーです。

和食ではお皿などを持ち上げていただくことが美しい日本食のマナーといわれますが、これは世界的に見て珍しいことで、中華料理などもお皿を持ち上げていただくのは野蛮な行為といわれます。

レンゲは手で持つ部分のくぼんだ土頃に人差し指を入れて安定させて利用します。
スープの器に口を付けず、レンゲですくい飲むようにします。