声のみだからこそ気配りが大切!携帯電話の基本的なマナー

ビジネスで利用する携帯電話に関するマナー

現代はプライベートでもビジネスでも携帯電話、スマートフォンなどを多用する時代となっています。
何かの情報を得る時にもスマホからインターネットで情報を得ることができますし、路線を調べる場合にも利用できとても便利です。

でも時と場所によっては失礼だなと感じる携帯操作の方もいて、特にビジネスの上では携帯のマナーをしっかりと理解しておくことが必要だと感じます。

留守番電話サービスや転送、また音を出さないマナーモードにしたり、バイブレーター機能を活用する、さらにディプレイの点滅で着信を知るということもできます。

取引先、お得意様のところにお伺いしている時

取引先やお得意様と商談している時などに、いきなり携帯が鳴ったら相手の方に失礼です。
通常こうした時にはバイブ機能やマナーモードにして、会話に支障となる事をさけるものです。

商談などの際にはマナーモードや留守番電話にしておき、相手の方とのお話を途切れさせることがないようにしておくべきです。

その後、連絡が入ってきていないかどうか、留守番電話をまめにチェックします。
営業の方などの場合は、常に留守番電話やマナーモードにしてあり、豆に確認し商談が終わってから連絡をくれた方へ連絡するようにします。

相手の携帯に電話をかける時も、相手の方が何をしているのかわからない状態なので、要件を話す前に、「今お話ししてよろしいでしょうか?」と確認することも大切な事です。

大きな声で話す必要はない

周囲の音がうるさいところだと、ついつい携帯での会話が大きな声になりがちです。
しかし、最近の携帯やスマホは非常に性能よくできていて、周囲に雑音が多くても相手の方へクリアに伝わるようになっています。

周りの音がうるさいからと大声で話をしている方がより騒音取られますし、電話されている方にとっても迷惑です。
夜道は普通の声でもかなり響きますので、うるさくないように配慮して会話することも考えましょう。

歩きながら携帯で話をすることは避けるべき

歩きながら携帯で話をするのは通行の邪魔になります。
メモを取ろうと道のど真ん中で立ち止まりバッグの中をごそごそ始める方もいますし、周囲のスピードと異なるスピードでゆっくり歩くなどすると非常に迷惑です。

歩いている時に携帯を利用する場合には、道の真ん中ではなく道の隅に行って、他の方の迷惑にならないように配慮しながら会話する必要があります。

歩きスマホなども問題になっていますが、歩きながら携帯で話をされている方も多く、会話に気を取られているので周囲に気を配る事が出来ず危険です。
携帯も利用する上でマナーがある事を理解し、周りの方々に迷惑にならないように、マナーよく利用しましょう。