好印象をあたえるための自己紹介の秘訣とは?

リアクション

英会話での自己紹介は簡潔に笑顔で

英会話を通じて相手とコミュニケーションをとっていくためには、まずはじめに自己紹介をすることになります。
このような自己紹介について本当に時間がなく簡素的なものであればアピールできるような部分もありませんが、ある程度時間がありプレゼンテーションの前に自己紹介をするというケースや、会議の前に1人ひとりが自己紹介をするというケースになってくると、ここでの英会話力だけでなく自分の印象そのものも重要になってきます。

英会話での自己紹介というのはとても重要な存在になっており、ここで第一印象が決まりますので、日本語での自己紹介と同じようにいくつかのポイントを押さえながらしっかりおこなっていくようにしましょう。
海外の方というのは初めて挨拶をする際にハグをするといったイメージを持っている方もいるようですが、基本的に仕事の場面ではそういったことは少ないです。

まずは英会話を用いて、どれだけ相手に自分の存在をアピールできるかというのが重要になってきます。
自分のネームを伝えるだけではなく、とにかく笑顔を貫くことが重要になります。
緊張のあまり真顔で自己紹介をしてしまうと、その時点で海外の方は自分のことを嫌っているのだろうかという思いを持ってしまいます。
また、自己紹介をする日本人に対して怖いといったイメージを持ってしまうことがあるので、必ず笑顔で自己紹介をしましょう。

リアクションがあったら感謝を伝える

ある程度自分のことを紹介するだけの時間がある場面では、どんな仕事をしているのか、会社ではどんな立場にいるのかということも紹介していくことになります。
その中で海外の方が、どんな小さなリアクションでも取ってくれた時には必ず感謝の言葉を述べるようにしましょう。

もちろんここではThank you で構いません。
リアクションをとってくれた時にサンキューと伝えることによって、リアクションそのものをしっかりと認識していることが相手に伝わります。
そうすることによって、ある程度お互いに心が打ち解けてその後のトークも弾みやすくなるでしょう。

相手がリアクションをとっているにもかかわらず、自分の言いたい事を真顔で淡々と続けてしまうような英会話の自己紹介はとても印象の悪いものになります。

きちんと年齢を伝え、明るいイメージのためにはアクションも大切

日本人の場合には自己紹介をする際に年齢を伝えるということは、あまりありません。
しかし海外の方を相手に自己紹介をする際には自分の年齢もしっかりと伝えましょう。
また明るいイメージを持ってほしいと思っているのであればリアクションも大切になります。

身振り手振りを加えながら、今までこれだけの仕事をしてきました、ということや自分はオッチョコチョイなので小さな凡ミスを繰り返してしまい、よく上司に叱られています。
などというジョークも踏まえながら自己紹介をすると、イメージも良くなりその後のコミュニケーションも取りやすくなります。