多数の言語を扱う国!シンガポール編

語学力

シンガポールで仕事をするなら語学力が必須

シンガポールといえば、日本人にしてみるとお仕事で出向くというよりも、どちらかというと観光スポットといったイメージかもしれません。
しかしシンガポールで実際にお仕事をされている方の場合には複数の言語について、語学力を持っていなければなりません。

シンガポールというのは様々な言語が行きかっているエリアとなっていますので、例えば英語がなせるだけでビジネスができるのかといえば、全くできないケースもあります。
そのため、これから先シンガポールに出向いてお仕事をしたいと考えているのであれば、英語以外にも複数の語学を身につけておくようにしましょう。

一つの語学を身につけるだけでも、ある程度長い年月が必要になりますので、その分気合を入れて学んでおかなければなりません。
しかし、反対にそういった語学力をしっかりと身につけることによって、シンガポールでもしっかりと活躍し、ビジネスがうまくいけば現地で役職となり躍進していくことができるようになります。

話せないと笑われる?

シンガポールに出向いた際、お仕事を目的とするのであれば、前述の通り必ず複数の国の言葉が出せるようにしておきましょう。
英語をはじめとして、ドイツ語やイタリア語などが話せると理想的です。
中にはそれ以上の言語が話せるというビジネスマンも多く、7ヶ国から10ヶ国程度の語学力が身に付いているビジネスマンも珍しくありません。

最初にこのような力を身につけるのが不可能だと諦めてしまうのではなく、まずは出来るところまでしっかりと頑張っていくつもりで、シンガポールで活躍することを目標としていきましょう。
ほとんど言葉が出せない状態で現地に出向いても、会話ができずに笑われてしまうことや門前払いを食らってしまうことの方が多くなります。

グローバルに働いていくことを考えれば、やはり複数の国の言葉が話せる方が効率的だと言えるでしょう。
現地ではまた違った国の方とのコミニュケーションを取りながら仕事の幅を広げていくこともできます。

言葉が分からず仕事を逃す人もいる

上でお話したとおり、シンガポールで仕事がしたいと思っていても他の国の方がたまたま仕事の話を受けた際に、しっかりと言葉が通じずに内容を理解する事が出来ず仕事を逃してしまう人もいます。
なんとなくのニュアンスだけで頷いてしまうことや、笑って逃してしまうというケースも少なくありません。

こういった部分からも様々な国のビジネスマンが出入りをしているということを考えた上で語学力を身につけておきましょう。
そうすれば、現地で大きな仕事が舞い込んだ時にもチャンスをのがさず、しっかりとつかむことができます。
せっかくの大きな仕事を逃してしまえば自分の初心をはじめとして、自分が働いている会社にも大きな影響を与えることになるため、やはりチャンスを逃さずにすべてのチャンスをものにしていくということが、最も重要になるのではないでしょうか。