ビジネスにも活用できる英語力を身につける!アメリカ編

グローバル

ただ覚えるだけでは日常的にも使えない英語が多い

英会話というのは、数年前から非常に多くの学生さん、または社会人の方々が覚えるようになりました。
会社の面接を受ける際にも、どれだけの英語力を持てるのかということを必ずといって良いほど確認されるようになり、英語力が全く身についていない方の場合には、それだけで不採用になってしまうこともあります。

特にアメリカ人と一緒に仕事をしたいと思っているケースやらアメリカで仕事をしたいと思っているケースになると本格的な英語が必要になります。
しかし日本国内で英会話を覚えるだけでは実際にビジネスシーンで使うことができないという場合も多く、ビジネスでしっかりと通用するだけの英語力を身につけることが大切です。

自分の中では英語力が身に付いていると思っていても、ビジネスシーンに出た時には、ほぼ会話が通じずにお仕事につながらなかったという経験を持つ方もいるでしょう。
こうならないためにも、しっかりと本格的な英会話を学んでいく必要があるのです。

覚えるならビジネスでも使える英語が良い

英語力と言っても前述の通り、ある程度一般的な会話ができるというレベルからビジネスシーンでも一切困らずに会話ができるというレベルまでさまざまです。
特にお仕事を考えるのであれば、日常的な会話だけではなくビジネスにおける用語などもしっかりとマスターしながら覚えておく必要があるでしょう。

これができていなければ、日常的な会話ができるだけで仕事に役立たせることはできません。
例えば一つの企業でアメリカの企業とやり取りをするというケースはもちろんですが、その他にも通訳をするというケースでも専門的な用語がわからず、通訳ができないということになれば、お仕事をするのは難しくなるでしょう。

マンツーマンのレッスンを選ぼう

本格的にしっかりとビジネスシーンで使うことのできる英会話を学びたいと思っているのであれば、複数人が集まって勉強をするような教室ではなく、マンツーマンで指導が受けられる教室に通ったほうが良いです。
またグローバルキャリアを身につけるためにはアメリカ留学をするというのもひとつの方法になってくるでしょう。

アメリカ留学をする際には、興味を持った段階で下記のようなサイトを参考にしてみると良いです。
日本人が留学した際に力を入れて教育してくれる期間がありますので、こういった機関を利用すれば、自分の英語力がどんどんUP していきます。
>>グローバルキャリアプログラムとは|アメリカ留学

会社によっては、英会話を習得するための部分に力を入れていますので仕事の合間に英会話を習うこともできますが、こういった会社にお勤めではない方の場合、やはり自分で個人的にレッスンを受けるしかありません。
マンツーマンと言っても、対面で学べる方法からインターネットのパソコン画面を通じながら学べるという方法までさまざまです。

仕事が忙しい方などは教室に通うこともできないので、インターネットを通じて、マンツーマンで教えてもらうといった方法がベストでしょう。
近年では耳から聞いているだけで英会話をマスターできるといった商品などもありますが、これはあくまでも日常的な会話に対応しているものであり、ビジネスシーンでも対応できるものではありません。
本格的に覚えるのであれば、しっかりと専門的な細かな文法やアクセントについても教えてもらうことが必要になります。